自分で考えた春と冬の朝の対策

最近、気づいたことがある。
もう知っている方は知って感じているのかもしれないが、春も目覚めが悪いことに気づいた。
冬は寒くて布団から出たくないものだから、寝起き(目覚め)が悪いという事は誰でも分かるような気がしますが、春は私が感じるのには、温かくて「ボーッ」としてしまいがちです。
なので、冬の目覚めを良くする対策としては、「冷たい水で顔お洗う」などがありますが、春は温かいので層にも行かない事が多いと分かったので、私は身体を動かして目覚める対策を最近するようにしました。
身体を動かす内容は日本人なら皆行った事がある「ラジオ体操」です。
それに追加してもう一つ運動をします。
それは「ウォーキング」です。
その「ウォーキング」も競争みたいに一生懸命、歩くのではなくて仲の良い家族やお友達と会話をしながら楽な気持ちで行う方が良いと聞いたので、そのことを実践しています。
そうすると「目覚めも良く」気持ちも体調的な気分も上がって過ごしやすい一日になっています。

 

ページトップへ戻る